妊婦は糖尿病に注意が必要

妊婦の方は妊娠の影響により血糖値が増加し、糖尿病を発症することがあります。この状態を妊娠糖尿病と言いますが、栄養過多で赤ちゃんが大きくなりすぎて、その為に早産になってしまうケースがあります。無事に出産した赤ちゃんにも低血糖などの異常がみられるケースもあるので、注意が必要です。
妊娠によって糖尿病が起こる原因としては赤ちゃんに栄養を与える為に脂肪を分解してブドウ糖を作るので、ブドウ糖が過剰になることがあります。また妊娠中はインスリンを分解するような酵素が分泌されるので、より一層糖尿病になるリスクが高くなるのです。
治療法と対策で有効なのは食事療法です。通常の糖尿病と似ていて、高カロリーなものや糖質の過剰摂取をやめることで防げます。具体的には一日の総摂取カロリーを1500~1600キロカロリーくらいに抑えたり、野菜中心の薄味の献立にすることで改善が見込めます。
食事療法と合わせてウォーキングなどの軽い運動をすることも改善に必要なことです。ただし、妊娠中なので無理のない範囲で運動を行うことが重要です。食事療法や運動でも血糖値の改善が見られない場合にはインスリンを使用した薬物療法で治療する必要があります。