熟睡することによる健康効果とチロシン

ヒトは熟睡がとても大切です。

カラダと脳を休ませてリセットすることを睡眠時に行います。

ヒトは自律神経のバランスをとるため心身ともの健康を維持しています。

自律神経には夜間に動く副交感神経と昼に働く交感神経があり、睡眠不足になるとその釣合を維持できなくなり、健康に大きな影響を与えてしまう。

昼の間に使用したカラダや脳の疲労を敢然とリセットし、次の日の意気込みを得るためにはカラダを寝かせることはとても重要なポイントだ。

夜更けは成長ホルモンを分泌するひとときだ。

こういう時間に敢然と睡眠をとることで、各細胞の蘇生、肌を再生する、ケガや疾病を治すための大切な成長ホルモンが多く分泌受けるため、アンチエイジングや健康、美容への蘇生が行われるのです。

脳やカラダに溜まっている毒素を敢然と省き、排出できる状態を築き上げるのも睡眠時だ。

このように熟睡不十分に陥ると心身ともの疲れが取れずに、日々に影響が出ます。

心身ともに健康でより良い生活を送るためには睡眠をとることでリセットしていく流れを見つけることが必要です。

忙しない世の中方だが、自分のカラダを労わるためにも自分なりに熟睡不十分にならないような生活を送ることが大切です。

チロシンはたんぱく質に含まれるアミノ酸の一種で、ドーパミンやアドレナリンなどの一部となる成分だ。

また、成長や新陳代謝を促す甲状腺ホルモンのパーツにもなる大切な成分でもあります。

鎮痛剤や抗うつ剤として使用されることもあります。

チロシンが不足すると、カラダにさまざまな問題が出ます。

無気力になったり、憂鬱になったりすることがあります。

成長期に不十分にした場合には、脳や成長に支障を来たす場合もあります。

さらに、甲状腺ホルモンの退廃によって、頭髪が抜けたり、肌がドライになったり、ふけやかゆみが出る場合もあります。

そのほか、骨粗鬆症、高血糖、低血糖、心臓疾病、腰痛、肩こり、むくみ、不妊症などになることもあるので、不十分にしないように心掛けることが大切です。

反対に摂取し過ぎると、しみやそばかすなどが増えたり、頭痛がしたり、甲状腺体系亢進症などを発症する場合もあります。

そのため、摂取する場合には、体重1㎏中150㎎程度の摂取が適当であるとされています。

チロシンが不十分にならないように、チロシンを多く盛り込む豚肉、鶏肉、チーズやたけのこ、大豆、バナナ、アボカド、ピーナッツなどを日頃から摂取しましょう。

また、栄養剤などで摂取する場合には、定量を続けることが大切です。

One thought on “熟睡することによる健康効果とチロシン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です