乳糖とでんぷん分解について

人が摂取した乳糖は、小腸の粘膜を通じて行われます。

乳糖分解酵素となるラクターゼの分解作用は、ガラクトースとブドウ糖に分解することです。

分解物は小腸で消化された先、ガラクトースは肝臓でブドウ糖に変更された上で全てがブドウ糖となります。

乳糖分解は、小腸の手前で通過する内臓では起きません。

こういう特色を通じて、薬剤を腸に直接届ける目的で利用されるのが糖衣錠だ。

乳糖で薬剤成分を覆う事により、小腸まで達していく。

一方、遺伝による理由で、ラクターゼの活性ができる日本人が少ない割合が高いです。

つまり、乳糖分解のメカニズムを賢く働かせる事が出来ません。

そうなった場合には乳糖が大腸に滞留し、そこで発酵分解を受けた後に副産物として脂肪酸やガスを発生する部分となります。

これによって下痢等の障害が齎される事を乳糖不耐性と呼び、全国の4割ほどその傾向が見られます。

乳糖不耐性の場合には、乳糖を豊富に組み込む牛乳・乳製品の利用で障害を起こす問題があります。

ただし、乳酸菌発酵を通じて生まれる物品の場合は乳酸菌由来のラクターゼが含まれ、これによって乳糖分解がされ、障害が緩和される可能性もあります。

乳糖分解は、乳糖の投薬やそれに伴うカラダに密接に関わる訳です。

でんぷんは、炭水化物で、植物などが日光、水、二酸化炭素から生み出す炭水化物であり、多糖だ。

トウモロコシなどは種子に、ジャガ芋などは根茎に広く蓄積されてあり、植物から取り出したでん粉粒を顕微鏡で見てみると、植物にて格好が違っています。

これらは、カラダを取り回すのに効率よくやる気となってくれる為、植物から取り出したでん粉粒による食事が数多く存在しています。

まず
お米やパン、麺類などです。

摂取したでんぷん分解はまず口の中で唾液においてアミラーゼという酵素を通じて、麦芽糖に分解されます。

アミラーゼは膵臓から分泌される膵液や唾液だけでは分解しきれなかったでんぷんは、十二指腸で膵液を通じて完全に麦芽糖になります。

麦芽糖に変化した後に、小腸へと近付くって、小腸から分泌されているマルターゼという酵素にて、ぶどう糖に分解され、この状態になってからカラダへ吸収出来るようになります。

ぶどう糖の一部は肝臓でグリコーゲンに変わり、蓄えられていきます。

余剰は全身に送られて、カラダを切り回したり、脳を使うときの養分になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です