ドクダミとクロロフィルの効果とは?

ドクダミエキスは、どくだみの葉や茎から取り出したもののことです。

どくだみは独特の匂いを解き放つ結果、あまり好かれていない思い込みがありますが、昔から民間薬として利用されてきています。

抗菌エフェクトがありますので、万能薬として使われてきています。

特にお肌にエフェクトがあり、虫刺されや水虫などのケアとして活躍しています。

どくだみ茶はよく飲まれていますが、お茶にするよりも外用薬として選ばれる実例の方が多いです。

どくだみにおいてクロロフィルという葉緑素が、皮膚組織の蘇生をお手伝いして傷口を手っ取り早く治してくれる。

にきびやおできにもエフェクトがありますので、にきびケアにおいてあることがあります。

道端でよく見かけるどくだみですが、生葉を使う技法と葉っぱを乾燥させて取り扱う技法があります。

生葉の場合は外用薬として使用し、乾燥させた場合はお茶や粉末として使用します。

サプリも販売されていますので、呑みにくい場合は利用してみるのもいいでしょう。

最近では、美白などに期待して、若々しい女性にも注目されてきています。

万能薬のドクダミエキスを上手に利用して、カラダの問題を治していきたいものです。

クロロフィルは、藻類や植物などに含まれている緑色の色素で、様々なエフェクトが期待できると言われています。

まず、クロロフィルが持つ抗酸化作用には、染色体の一種だとされている、ガン細胞の発症を予防するエフェクトがあると考えられています。

また、血中コレステロール数が高くなると、血の流れが悪くなり、この状態が続くと動脈硬化に進行する見通しがあって、脳梗塞や心筋梗塞が発症しやすくなります。

クロロフィルには、血中コレステロール値を下げて血栓を予防するなどの動作があり、クロロフィルを摂取すると、血がサラサラになって血行が促されるので、病魔の防衛を期待することができます。

そして、腹部の中に蓄積されている毒物を、附着して排出する働きがあるとされています。

それは、クロロフィルはマグネシウムが主成分で、マグネシウム以外の成分は吸収されることなく、排出するシステムを持つためです。

さらに、ダイオキシンや鉛などの物を除くエフェクトもあると考えられていて、毒消し効果も期待できると言われています。

オーガニックゲルマニウムの成分も塞がり、こういう成分は血や酸素の回転をサポートし、カラダの四隅に酸素を供給する役割があります。

そのため、クロロフィルを摂取することにより、貧血の予防に期待できるとされています。

One thought on “ドクダミとクロロフィルの効果とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です